Ryuta.k【公式ブログ】

文筆家。起業家。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「パートナーシップ」「ビジネス」「哲学」「心理学」「脳科学」「教養」「読書術」など多分野にわたり発信しています。

新企画のお知らせ

現在私が運用しているTwitterアカウントはフォロワー数10000、月間インプレッション100万を超えています。 有難いことにツイートをするたびに数百の「いいね」をいただき、そのたびに反響や質問を頂戴するのですが、コメントを読むたびに「言語化しにくい悩…

「目標達成=自分の価値」という苦しみ

「目標が達成できない自分を責めたくなる」 きっと多くの人が感じたことのある感情だと思います。 私も以前はとてつもない負けず嫌いで、仕事などで常に人と比較競争していましたし、自分の得意なことで人に負けることを屈辱だと思っていました。 そして何よ…

テレビすら見られなくなった時代に

1950年代に日本に初めてテレビが登場した時に、評論家の故・大宅壮一氏は「テレビという最も優れたマスコミ機関により一億総白痴化の運動が展開されている」と発言し、「一億総白痴化」という時代の流行語が生まれました。 「白痴」というのは聞き慣れない人…

メンタルも体も思ったより脆い

いつも何かに追われて忙しそうにしている人が多い。特に真面目で几帳面な人はできる限りスケジュールを詰め込んだり、キツい仕事日程をこなしがちだと思う。しかし人の体力には限界がある。精神力で乗り切ろうとしてある日ポキッと折れてしまうこともある。…

「執着」を捨て自己肯定感を上げる必要条件

すごく生きにくい人の特徴は「○○でなければならない」と物事に執着していることだ。例えば「仕事で成功しなければならない」と執着していれば仕事で失敗したら自分を猛烈に否定することになる。恋愛などでも同じだ。「○○でなければならない」を少しずつ捨て…

「不誠実な人」とは離れよう

あなたに対する「誠意」を感じられない人との関係は考え直そう。あなたが誠実に相手に向き合ったとしても、相手も必ずしもあなたに対して誠実とは限らない。もしあなたの誠意が一方通行になっているのであれば、その関係は長続きしない。あなたに対して誠実…

幸せな人は「自己肯定感」が高い

「自己肯定感が高い」と「プライドが高い」は似ているが大違い。「自己肯定感が高い人」はありのままの自分を許している。失敗した時にはもちろん反省するが猛烈に自分を否定したりはしない。「プライドが高い人」は成功/失敗や優劣に過敏に反応し、自分を否…

「やってあげたのに」は不幸のもと

「○○してあげたのに」と見返りを求めるのは不幸の始まり。見返りを期待して裏切られれば腹が立つし、そもそも相手からしたら「別に頼んだ覚えないけど」と思われてる可能性大だ。恩着せがましい善行ほど迷惑なものはない。見返りを求めて腹を立てるくらいな…

「相手を尊重する」のがコミュニケーション

コミュニケーション上手な人の特徴は、第一に「聞き上手」、第二に「共感上手」、そして第三に「褒め上手」だと思う。三点に共通しているのは「相手を深く理解しようとする姿勢」だ。自己中心的ではコミュニケーション上手とは言えない。相手を尊重する姿勢…

ネガティブ感情との向き合い方

「ネガティブな思い込み」があると生きにくくなります。 「ネガティブな思い込み」があればあるほど生きにくくなります。 「ネガティブな思い込み」の一例を上げれば次のようなものです。 ・努力もしてるし成果も上げているのに上司から認められない。自分は…