Ryuta.k【放浪社長】

起業家。放浪者。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「ビジネス」「パートナーシップ」「勉強術」などを発信しています。

「遅読の読書術」速読をする必要はない

私は読書が大好きで、読書は生活の一部となっています。 学術的な読書(哲学やその時々の研究テーマ)、趣味としての読書(小説やエッセイ)、実用的な読書(語学関連や仕事関連)を日々バランスよく行うよう心がけており、それぞれ合わせて、どんなに忙しくとも1…

勘違いのすすめ〜勘違いは現実化する〜

「勘違いな人」ほど上手くいく。セルフイメージの高さはそのまま成功に直結するからだ。逆に、あらゆることに根拠を求めてしまう人は意外と苦労する。自分のセルフイメージにまで根拠を求めてしまうからだ。「自分はできる!やればできる!」と思っていたほ…

「執着」は100害あって1利なし

「執着」は不幸のドン底への道だ。「人間関係に執着する」「上手くいきそうにない投資やビジネスに執着する」「恋愛で相手の心が離れてるのに執着する」あらゆる苦しみは執着から生まれる。自分から離れていくものは、しがみつくのではなく潔く手放そう。良…

「無理な人」とはきちんと距離を置く

人生を豊かにするためには楽しいことばかりでなく、時として苦渋の決断をしなければならないこともあります。 その中の最たるものとして私がよく発信しているのが、「生理的に無理な人はちゃんと切りましょう」ということです。 「人と距離をおく」「人と縁…

人生を変える読書術

「読書を続けているのに人生が変わっている気がしない」という人をしばしば見かけます。 成長したい 人生を好転させたい 稼げるようなマインドが欲しい このような動機で読書をしている人はきっと多いと思いますが、自身の「進化スピード」が遅いなと焦りを…

ネズミ講にハマる若者たち

「僕は不労収入で暮らしてます!あなたも経済的自由と時間的自由を手に入れたくありませんか?」というDMがよく届く。不労収入があり経済的自由と時間的自由があるなら、見知らぬ他人にビジネス勧誘の怪しいDM送りまくるよりもっと有意義な活動がある気がす…

「自己肯定感」を上げるヒント

書店でもSNSでも「自己肯定感」という単語をよく見るようになりました。 それだけ、 ・自分に自信を持ちたい ・自分を信じられれば人生が豊かになる気がする ・自己を肯定してあげられれば生きやすい気がする というような考えを持っている人が増えたのでし…

「直感」を信じる

部下や仲間から人生や進路について相談されるとき、私はしばしば、 「最終的には直感に従うと良いと思う」という助言をします。 将棋で前人未到の永世七冠を達成した羽生善治先生は、「ここぞという勝負どころでは私は直感に頼ることが多い」 という言葉を残…

「死ぬ気で働く」必要などない

「仕事は根性だから死ぬ気で働け!」というようなベンチャー社長がいる。あまりに時代遅れだと思う。「死ぬ気で働け!」と言われて過労で倒れてしまったり、最悪の場合本当に死んでしまう人もいる。無理して仕事に命を捧げてしまうなんて本当に馬鹿馬鹿しい…

「良い本と出会えません」への回答

私はブログで読書論や勉強術の発信をしばしばしていますが、読者からしばしば「読書をしてみているのですが良い本がありません」というDMをいただきます。 私の発信を見ている人は向上心・向学心がある人がほとんどでしょうから、私も本音ストレートで回答し…