Ryuta.k【放浪社長】

起業家。放浪者。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「ビジネス」「パートナーシップ」「勉強術」などを発信しています。

悩んだら、読書

読書の素晴らしいところは「良い言葉」に出会えることだ。悩んでることや辛いことがあるなら本屋さんに駆け込もう。必ず「共感できる言葉」や「刺さる言葉」に出会うことができる。読書が苦手な人は、まず目次を見て気になるページだけザッと読めば良い。本…

「魔の口癖」を使わない

何か壁にぶつかったときに、人から思考能力を奪い去ってしまう言葉があります。 私の周囲やSNSを見渡してもこの「魔の言葉」を口癖のように使っている人は大変多く、 その口癖ゆえにさらに問題を深刻化させてしまっている人も多い印象です。 また、この「魔…

最も効率の良いアウトプットとは

「効率の良いアウトプットをしたい」という人は多いです。 「東大生が教える!勉強法!」というようなタイトルの本は書店で山ほど積まれていますし、類似タイトルの本は日々出版、増刷されています。 それだけ「効率の良い勉強をしたい」「効率の良いアウト…

論破ブームに対して思うこと

「議論」とは人を打ち負かすことではない。「あいつを論破してやった」と調子に乗っている人がいるが、論破は子供がすることだと思う。自分の意見がある。相手の意見がある。双方の優れている部分を認め合ってテーマを深掘りしていくのが「議論」だ。優れた…

「一流のサービス」に学ぶ

20代で「一流のサービス」に触れる経験は何にも代え難いものです。 目的意識が高く、これから成功したいなと思っている20代の人や、人生に少し行き詰まりを感じている20代の人は、「一流のサービス」に意識的に触れていくことにより必ず何らかのインスピレー…

「細部」の手抜きをしない

「細部に神は宿る」というのは本当だと思う。ギリギリのところで手抜きをしないこと。詰めの甘さを残さないこと。最後まで妥協しないこと。例えばインフルエンサーとしてTwitterを動かしているなら1文字単位で文のリズムにこだわる、誤字脱字をゼロにするな…

勉強は苦行ではない

「友達は作るものではなく、勝手にできてしまうものだ」とよく言われます。 勉強も同じです。 「勉強は頑張るものではなく、勝手にしてしまうもの」なのです。 学生時代、勉強が嫌で嫌で仕方のなかった人にとってこれは信じられない話だと思います。 「勉強…

「運動」の計り知れない恩恵

20代で是非とも身につけておきたい習慣は「運動」です。 20代で運動を習慣付けられた人はその後生涯にわたり運動をし続けていく可能性が高いです。 逆に、20代で運動習慣がなかった人が30代40代になり運動習慣を身につけることも無くはないのですが、きっと…

トーク力=コミュ力ではない

コミュニケーション上手な人の特徴は、第一に「聞き上手」、第二に「共感上手」、そして第三に「褒め上手」だと思う。三点に共通しているのは「相手を深く理解しようとする姿勢」だ。自己中心的ではコミュニケーション上手とは言えない。相手を尊重する姿勢…

「健康」こそが幸せの前提

楽しく生きるための超大前提は「健康」だ。どんなにお金持ちでも四六時中歯痛がすれば人生を楽しむどころじゃない。どんなに出世して偉くなっても病気で厳しい食事制限をしていては人生の楽しみは半減してしまう。まず第一に「健康」があり、「幸せ」はその…