Ryuta.k【公式ブログ】

「自己肯定感と心理学」「ライフワークとパートナーシップ」を軸に発信しています

頑張ることを辞めれば生きるのはもっと面白くなる

私は常々「頑張らなくていい」という発信をしていますが「廃人のようになってしまってもいいということですか?」「怠け者になってもいいってことですか?」という疑問を持つ人も多いと思います。 もちろん、怠け者や廃人になりたいのならそれでも良いと思う…

他人軸にある人の生きにくさ

「人にどう思われるか」が僕の人生を通して非常に大きなウェイトを占めてきた。 当ブログで何度か書いたけど4人兄妹の長子であったことも非常に大きいと思う(妹が3人いる)。 思えば幼少の頃より良き兄であろうとし、自分なりに良き男であろうとしていたと思…

「こうするべき(義務感)」より「こうしたい(願望)」を優先しよう

学校秀才だったり自己犠牲の癖がある人って思考で感情を殺してしまうのがやたら得意な傾向があります。 そういう人は何かモヤモヤを抱えていたり直感的に「なんとなく嫌だな」と思っていたとしても心の声を思考により封じ込めてしまいます。 例えば「今の仕…

堂々と逃げられる人は自己肯定感が高い

つらいなら堂々と逃げ出そう。心が折れるまで頑張る必要はない。心が折れるまで頑張ってはいけない。傷ついたメンタルは回復にとてつもない時間が必要だ。一生治らない可能性すらある。「自己犠牲」はもうやめよう。自分を第一に大切にしよう。— Ryuta.k (@R…

「不倫や夜のお店通いをやめられない」アンダーグラウンドにハマる原因と対策

「ちゃんとした人」が受ける心理的な圧力ってものすごいものがあるんです。 「ちゃんとした人」とは世間や社会や他人の目を無意識的に気にしすぎてしまい、「こうしなきゃいけない」「あーしなきゃいけない」というように常に自分を拘束しながら生きている人…

依存的期待のお話〜期待の元には依存がある〜

生きにくさを感じている人に共通しているのは「〜してくれるはず」という依存的期待をベースに生きていることです。 仕事では「上司は私を正当に評価してくれるはず」という依存的期待をしています。 恋愛では「彼女はこのデートプランで喜んでくれるはず」…

「どうしてもやる気がでない…」という時の考え方2つ

誰しも、やる気が出ない時ってあると思います。 明日までにやらなきゃいけない課題がある 今日中にやらなきゃいけない仕事がある マッチングアプリのアポがある 返さなきゃいけないLINEやメッセージがある …でも、やる気がでない。面倒くさい。かったるい。 …

「人の目が気になる」「振り回される」それって自分を否定する癖が原因です

「人の目が気になる」というのは自己否定の一種です。 自分は常識から外れているのではないか 職を転々とするなんて人に笑われるのではないか 彼氏の身長や学歴が低く女友達に陰で笑われるのではないか 彼女の顔がイマイチで男友達に何か言われるのではない…

「自分のため」と「相手のため」のバランス

日頃より「自分軸で生きよう」という発信をしています。 そんな中で「何がなんでも自分のやりたいことを貫き通すのが自分軸なんですか?」「いつもワガママであることが自分軸なんでしょうか?」という質問をいただくことがたまにあります。 結論から言えば…

人に嫌われることは恐れなくて良い

「嫌われてもいい」と思えるようになると楽になります。 「万人ウケ」はもう捨てよう。優しい人は全員に好かれようと頑張りすぎてしまうことが多い。だけど真剣な話、全員に好かれるのは最初から無理だ。「全員に好かれるのはやめる!」ときっぱり諦めてしま…