Ryuta.k【公式ブログ】

「自己肯定感と心理学」「ライフワークとパートナーシップ」を軸に発信しています

「周囲の反対意見」に振り回されるのはつまらない

「人の目なんか気にしないで気楽に自由に生きましょう」ということをよく言います。 他人ってけっこう無責任に色々なことを言うものです。親であっても友達であっても恋人であっても割とそうですね。 あなたが「これをやりたい!」と思ってるとする。「こん…

他者承認があるからって幸せなわけじゃない、他者承認が無いからって不幸なわけじゃない

ここだけの話、「幸せ=他人からのいいね」だとしんどいです。承認欲求は焼け石に水を浴びせるようなもの。満たされた瞬間から次の承認欲求がすぐに生まれます。承認欲求は永遠に満たされない。満たされるほど無くならない。自分の幸せは自分が決めること。他…

自分が無理なこと、自分がワクワクすること、自分の気持ちをよく知ってあげる

当たり前ですが時間は有限です。限られた時間を誰に使うかをめちゃくちゃ考える必要があります。あなたが嫌いな人、あなたを嫌いな人、付き合ってて違和感がある人、あなたを大切にしてくれない人に割ける時間はありません。あなたの貴重な寿命を、くだらな…

人への期待が強ければ強いほどイライラしやすくネガティブになりやすい

大切なこと。人への期待が強ければ強いほどイライラしやすくネガティブになりやすい傾向があります。相手への「こうするべき」「こうして欲しい」という依存的な期待が裏切られるとイライラや失望に繋がります。メンタルを健全に保つには人に期待しないこと…

違和感のある職場、環境、恋人とどう向き合うか

自己啓発書にはよく「直感を大事にしよう!」なんてことが書かれていますが非常に正しいと思います。自分の気持ちに向き合ってあげ、自分が本当は何を求めているのかを察知してあげることが重要なんですね。生き方や仕事面でも、恋愛やパートナーシップでも…

メンタルの安定に大切な「依存先の分散」

ひとつのものに依存しないように。恋愛依存、仕事依存など何か極端に依存するのは危険です。それが上手く行かないとき病みます。依存先は多いに越したことはない。仕事、恋愛、リアルの友達、SNSの友達、趣味など。ひとつが駄目になっても他に退避できる。依…

「人や世間の目が気になって自由に生きられない」のはとても苦しいこと

「幸せの定義ってなんだと思いますか?」と質問されて多くの人が抱きそうな回答のひとつは「自由であること」だと思います。自由であることってきっと幸せですよね。逆に、不自由であることは不幸です。24時間監視されている軟禁状態の人や何らかの容疑で勾…

「不器用で人より仕事や恋愛が上手にできない」そんな自分も許す

不器用でもいいじゃないかって思ってます。 世の中には色々な「器用さ」がありますよね。単純に物を組み立てるのが上手いとか裁縫が得意という意味での「器用さ」もありますし、仕事が要領よくできて有能だと言う意味での「器用さ」もあるでしょう。 受験生…

他人との比較や競争やマウントに疲れたら

昨日松屋でチキンカレーを食べてたときに店内のラジオで懐かしい音楽が流れてきました。 SMAPの「世界にひとつだけの花」です。平成の名曲のひとつですね。うろ覚えなのですが僕が小学〜中学の頃に大ヒットした記憶があります。今はCDとかオリコンだなんて言…

弱さを受け入れる、どんな自分も受け入れてあげる

自分の弱さを受け入れると生きやすくなります。人生の自由度がより増すと思います。もちろん弱さを受け入れるというのは簡単なことではありませんが、弱さを許可できると「好きなように生きる」ということをより行いやすくなるのではないかと思います。 例え…

皆が言う「正解」って実は正解じゃないのでは?…というちょっと社会不適合な人へ

私たちには「正解は必ずあり、それはひとつである」という正解主義の価値観が強く根づいているケースが多いです。 正解主義は人生、仕事、キャリア、恋愛、パートナーシップ、親子関係など人生のいたるところで姿を現します。 大学生が3年生になったら就職に…

「来る者拒んでもいい、去る者追わず」で楽になる

「来る者拒まず、去る者追わず」という言葉がある。これは半分正解。より生きやすくするためには「来る者は拒んでもいい、去る者追わず」が正解だ。「来る者」が何か合わないなと感じたらあなたから拒んでも構わない。来る者拒まずをやり続けると疲弊する。…

「社会不適合者」だからこそ幸せに生きられるのでは

「社会不適合者」という言葉を心なしかよく見かけるようになりました。特に20代の若い世代の間では「社不」なんていう略語が市民権を得つつあるようです。 それだけ集団生活で同調圧力にさらされていたり、空気をよんだり、朝早く出社して夜遅く退社したり、…

「ちゃんとしなきゃいけない」なんて卒業していい

実に多くの人が「ちゃんとしなきゃいけない」に縛られていると感じます。 ・社会人としてちゃんとしなきゃいけない ・会社の一員としてちゃんとしなきゃいけない ・男として、女としてちゃんとしなきゃいけない ・夫として、妻としてちゃんとしなきゃいけな…

抱え込みすぎてしまう人は「相手に頼る、任せる」ができない人

自律的で優秀な人の特徴のひとつに「人に頼めない」というものがあります。 ビジネスでも家事でも恋人と行く旅行でも…「何もかもを自分がやらなくては」という焦りのようなものに動かされてついタスクややるべきことを抱え込んでしまいます。それは人に頼め…

頑張ることを辞めれば生きるのはもっと面白くなる

私は常々「頑張らなくていい」という発信をしていますが「廃人のようになってしまってもいいということですか?」「怠け者になってもいいってことですか?」という疑問を持つ人も多いと思います。 もちろん、怠け者や廃人になりたいのならそれでも良いと思う…

他人軸にある人の生きにくさ

「人にどう思われるか」が僕の人生を通して非常に大きなウェイトを占めてきた。 当ブログで何度か書いたけど4人兄妹の長子であったことも非常に大きいと思う(妹が3人いる)。 思えば幼少の頃より良き兄であろうとし、自分なりに良き男であろうとしていたと思…

「こうするべき(義務感)」より「こうしたい(願望)」を優先しよう

学校秀才だったり自己犠牲の癖がある人って思考で感情を殺してしまうのがやたら得意な傾向があります。 そういう人は何かモヤモヤを抱えていたり直感的に「なんとなく嫌だな」と思っていたとしても心の声を思考により封じ込めてしまいます。 例えば「今の仕…

堂々と逃げられる人は自己肯定感が高い

つらいなら堂々と逃げ出そう。心が折れるまで頑張る必要はない。心が折れるまで頑張ってはいけない。傷ついたメンタルは回復にとてつもない時間が必要だ。一生治らない可能性すらある。「自己犠牲」はもうやめよう。自分を第一に大切にしよう。— Ryuta.k (@R…

「不倫や夜のお店通いをやめられない」アンダーグラウンドにハマる原因と対策

「ちゃんとした人」が受ける心理的な圧力ってものすごいものがあるんです。 「ちゃんとした人」とは世間や社会や他人の目を無意識的に気にしすぎてしまい、「こうしなきゃいけない」「あーしなきゃいけない」というように常に自分を拘束しながら生きている人…

依存的期待のお話〜期待の元には依存がある〜

生きにくさを感じている人に共通しているのは「〜してくれるはず」という依存的期待をベースに生きていることです。 仕事では「上司は私を正当に評価してくれるはず」という依存的期待をしています。 恋愛では「彼女はこのデートプランで喜んでくれるはず」…

「どうしてもやる気がでない…」という時の考え方2つ

誰しも、やる気が出ない時ってあると思います。 明日までにやらなきゃいけない課題がある 今日中にやらなきゃいけない仕事がある マッチングアプリのアポがある 返さなきゃいけないLINEやメッセージがある …でも、やる気がでない。面倒くさい。かったるい。 …

「人の目が気になる」「振り回される」それって自分を否定する癖が原因です

「人の目が気になる」というのは自己否定の一種です。 自分は常識から外れているのではないか 職を転々とするなんて人に笑われるのではないか 彼氏の身長や学歴が低く女友達に陰で笑われるのではないか 彼女の顔がイマイチで男友達に何か言われるのではない…

「自分のため」と「相手のため」のバランス

日頃より「自分軸で生きよう」という発信をしています。 そんな中で「何がなんでも自分のやりたいことを貫き通すのが自分軸なんですか?」「いつもワガママであることが自分軸なんでしょうか?」という質問をいただくことがたまにあります。 結論から言えば…

人に嫌われることは恐れなくて良い

「嫌われてもいい」と思えるようになると楽になります。 「万人ウケ」はもう捨てよう。優しい人は全員に好かれようと頑張りすぎてしまうことが多い。だけど真剣な話、全員に好かれるのは最初から無理だ。「全員に好かれるのはやめる!」ときっぱり諦めてしま…

人の素晴らしいところを見つけられるということは自分にも「素晴らしさ」があるということ

「周りの人は皆素晴らしいのに何で自分はだめなんだろう」 時にはそんな悩みを抱えてしまう人もいると思います。 そんな時に思いだしてもらいたいのは「投影の法則」です。 この記事にもあるように、人はそれぞれ自分のフィルターを通して世界を見ており、自…

依存も執着も結局は自己肯定感の問題

自己肯定感が低いから「執着」する。自己肯定感が高ければ「この相手と別れても次がある」と思える。そう思えれば執着や依存することはない。自己肯定感が低ければ「この相手との関係が終わったら自分も終わってしまう、どうしよう」と考える。その不安から…

「ついついやっちゃうこと」が本当に好きなこと

大人になって改めて自分の好きなこと、やりたいことを探している人は多いと思います。 自分の「好きなこと」がよく分かると自分軸を得やすく、振り回されにくくなります。 自分の「やりたいこと」がよく分かっていると仕事やキャリア選択で後悔しにくくなる…

自分らしく生きれるようになると新たなパートナー、仲間、職場に恵まれることがある

自分軸で動けるようになるとこれまでと人付き合いが変わる可能性があります。 今までそれとなく上手くやれていた人と疎遠になってしまったり、数年付き合った恋人と破局してしまったり、職場の関係が上手くいかなくなることが往々にしてあります。 「え、そ…

【婚活にも役立つ】自分の心底ワクワクすることこそが叶っていく

心理学や潜在意識について学んでいると人の心の偉大さに気付かされます。 そして、多くの人が自分の心のポテンシャルに制約をかけてしまっているのだとも気付かされます。 人の心の潜在的能力を最大限に活かすために重要なキーワードは「自己肯定」「ワクワ…