Ryuta.k【公式ブログ】

文筆家。起業家。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「パートナーシップ」「ビジネス」「哲学」「心理学」「脳科学」「教養」「読書術」など多分野にわたり発信しています。

コミュニケーション論

「不誠実な人」とは離れよう

あなたに対する「誠意」を感じられない人との関係は考え直そう。あなたが誠実に相手に向き合ったとしても、相手も必ずしもあなたに対して誠実とは限らない。もしあなたの誠意が一方通行になっているのであれば、その関係は長続きしない。あなたに対して誠実…

「相手を尊重する」のがコミュニケーション

コミュニケーション上手な人の特徴は、第一に「聞き上手」、第二に「共感上手」、そして第三に「褒め上手」だと思う。三点に共通しているのは「相手を深く理解しようとする姿勢」だ。自己中心的ではコミュニケーション上手とは言えない。相手を尊重する姿勢…

本質力としての「聞く力」

「聞き上手」な人はコミュニケーションの王様だと思う。たまに誰もが心を開いてしまうような「聞き上手」な人を見かける。小手先のテクニックではなく、真に相手と向き合ってコミュニケーションしているからこそ相手に信頼されるのだと思う。— Ryuta.k (@Rkp…

新時代の"狭く深い"コミュニケーション

「みんなに全力で接する」のはもうやめよう。優しい人は全員に良い顔をしてしまい、結局疲れすぎて自滅してしまう。人間関係もメリハリが大切だと思う。「あの人には120%のエネルギーで接するけど、この人には30%ぐらいでいいや」というやり方で何の問題もな…

「察してちゃん」を卒業する

残酷な真理。「ワガママな人・言う人」はどんどん自分の願いを叶えていく。自分の言いたいことや希望を言う人は応援されやすい。結果的に生きやすくなり、幸せになれる。逆に「我慢する人・言わない人」は願いが叶いにくい。察して欲しいと思っても言わなけ…

「なんか無理な人」とはきちんと距離を置く

人生を豊かにするためには楽しいことばかりでなく、時として苦渋の決断をしなければならないこともあります。 その中の最たるものとして私がよく発信しているのが、「生理的に無理な人はちゃんと切りましょう」ということです。 「人と距離をおく」「人と縁…

「感謝」の対義語

「当たり前」という感覚は恐ろしい。感謝してたことでも油断すれば「当たり前」になってしまう。面接時に憧れていた企業でも入社して数年経てば働いてるのは「当たり前」になってしまう。新婚時は相手の存在に感謝していた夫婦も慣れれば相手の存在が「当た…

トーク力=コミュ力ではない

コミュニケーション上手な人の特徴は、第一に「聞き上手」、第二に「共感上手」、そして第三に「褒め上手」だと思う。三点に共通しているのは「相手を深く理解しようとする姿勢」だ。自己中心的ではコミュニケーション上手とは言えない。相手を尊重する姿勢…

「外見」を疎かにしない

人は外見が全てじゃないと言われる。確かに人は内面が重要だと思う。しかし外見で「合格」しないと内面を見てもらえないのも真理だと思う。ボロボロな服を着て不快な臭いを漂わせて清潔感の欠片もない人の「内面」など誰も知りたいと思わないだろう。必要最…

コミュ力とは

コミュニケーション力の高い人は必ず聞き上手で共感力が高い。「この人になら安心して話を聞いてもらえるな」と思われる人こそが真にコミュ力の高い人だ。相手の意見を聞かず一方的にマシンガンのように喋り続ける人はコミュニケーションが上手い人とは言え…