Ryuta.k【公式ブログ】

文筆家。起業家。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「パートナーシップ」「ビジネス」「哲学」「心理学」「脳科学」「教養」「読書術」など多分野にわたり発信しています。

孤独論

「独りの時間が必須な人」もいる

覚えておいて欲しいこと。この世には「つらい時や悲しい時」に1人になりたい人と、皆と話したい人の二種類がいる。「あの人は悲しそうだから声をかけてあげよう」というのは必ずしも正解ではない。もしかしたら「大きなお世話」かもしれない。孤独を大切にし…

ひとり時間は必須である

「ひとり=寂しい人、孤独な人、悲しい人」というイメージがある。ひとりでいる人を無理に輪に連れ込もうとする人も多い。でも、ひとりの時間がなければ精神的にやられてしまう人もいる。ひとりの時間が癒やしだと言う人もいる。ひとりの時間にエネルギー充電…

友達は少なくていい、いなくてもいい

私はたくさんの友人はいらないと思っている。むしろ「たくさんの友人」という言葉自体に強い疑問を感じる。友人がたくさんいるということは、友人ひとり当たりと接する時間も気持ちもエネルギーも確実に限られる。それでは「たくさんの友人」ではなく「たく…

「孤独」はネガティブではない

読者は「孤独」という二語を見てどんなことを直感するでしょうか。 友達がいなそう 寂しそう 社会不適合者 会社に馴染めなそう 生きるのが辛そう 「孤独」という単語を見てこのような感想を抱く人はきっと少なくないはずです。 一方で私は「孤独」という言葉…