Ryuta.k【放浪社長】

起業家。放浪者。読書家。偏差値40台の高校卒→早稲田大学入学→起業し中退→キャリアデザインスクール経営→フリーランス→SNS広告関連会社代表。妻と2人暮らし。在野での哲学研究をライフワークにしてます。趣味は将棋(三段)です。

比較優劣の呪縛から解かれよう

 

 

 

自分に自信がない人、自己肯定感が低い人は絶えず他者との比較競争の中で生きています。

そういった人たちは、自分と誰かを比較し、競争し、時には足を引っ張ってでも打ちまかし、「自分の方が優っている」「マウントをとれている」ということを確認することでしか自分の「足場」を確保できません。

 

言うまでもなくそれは非常に疲れる人生です。

ある他者Aとの比較競争に打ち勝ったとしても、別の他者Bとの競争が待っています。それに打ち勝ったとしてもさらに別のCが、Dが、Eが…キリがありません。

他者との競争において生きると言うのは終わらないラットレースを生きるということと同義です。

 

「強い人」というのは競争において比較優位を保ち続けている人ではありません。

「絶対的勝者」と「絶対的強者」はまるで違います。

 

「強い人」とは他者との比較を捨てた人です。

そう言う人にとって競争相手と言えばせいぜい昨日の自分くらいです。

昨日の自分に勝てればちょっぴり嬉しい。他者に勝っても負けてもどうとも思わない。他者との比較競争という概念が無い。このマインドこそが私の言う「自然体だ」ということです。

 

無論、私たちは幼少より他者との比較を運命づけられており(学校のテストがどうとか、50m走のタイムがどうとか、就職先のランクがどうとか、結婚相手の年収がどうとかetc)、その呪縛から抜け出すのは並大抵のことではありません。

でも、少しずつ自分と向き合うことにより、少しずつ他人を気にしない努力をしてみることにより、徐々に競争に執着しない心を得ることが可能です。

 

劣等感と優越感、敗者と勝者、卑屈さとマウント、これらを打ち捨てることにより確固とした自己-もしくは自己肯定感-が手に入ります