Ryuta.k【放浪社長】

起業家。放浪者。読書家。偏差値40台の高校卒→早稲田大学入学→起業し中退→キャリアデザインスクール経営→フリーランス→SNS広告関連会社代表。妻と2人暮らし。在野での哲学研究をライフワークにしてます。趣味は将棋(三段)です。

やりたくないことは何ですか?

 

 

 

 

「やりたいことを見つけるにはどうすればいいですか?」
と聞かれることがあります。

 

 

 

逆説的ですが、やりたいことを見つけるためには
「やりたくないこと」を徹底的に掘り下げるのが有効な手段になります。

 

 

私も大学生の時にやりたいことを考え直した結果、即答ができなかったため、
まずは自分の「やりたくないこと」を見つめ直してみました。

 

 

 

1日8時間未満の睡眠で活動したくない

上司から命令されたくない

苦手な部下と関わりたくない

つまらない作業をルーティン的にやりたくない

愚痴を言いながら一生を終えたくない

苦手な人と付き合いたくない

拘束される時間をふやしたくない

 

 

 

上記が一例でした。

 

 

 

このように「やりたくないこと」を炙り出した結果、
一般的な就職をしたくないと悟り、大学を辞めフリーランスへの道を歩みだしたのです。

 

 

 

 

「やりたいこと探し」は意外と大変です。

 

 

 

 

特に20代前後ともなればすでに集団義務教育をひと通り終了しているため、
「熱烈な夢」を持ちにくいマインドセットになってしまっています。

 

同質的、集団的な教育システムは個々人の「やりたいこと」を没化させ、
「気づいたら夢も希望もなくなっていた」という大人を量産するわけですね。

 

 

 

しかしながら、自分自身の「拒絶したいこと」「無理なこと」なら認識できるはずです。

 

あるいは「生理的に無理な人はどんな人か」
という切り口もアリかもしれません。

働くと言うことは人と関わることとニア・イコールですから、「どんな人が無理か、どんな人が嫌いか」という切り口は、
あなたの「やりたいこと/やりたくないこと」を照らし出す糸口となるでしょう。

 

 

是非、自分の「あれは嫌だ、こういう人は嫌い、これは無理」という心の声に耳を傾けてみてください。

 

 

 

 

 

それは結果的に「やりたいこと」を発掘するためのリハビリとなるのです。