Ryuta.k【公式ブログ】

文筆家。起業家。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「パートナーシップ」「ビジネス」「哲学」「心理学」「脳科学」「教養」「読書術」など多分野にわたり発信しています。

「八方美人」から卒業する

 

 

 

 

「みんなに好かれようとする」と、とてつもなく生きにくくなります。

 

 

 

思わずみんなに好かれようとしまっている人は

 

・自分の発言が人の気に障ってしまっていないか過剰に気にする

・否定的な感情を抱かれるのが嫌で自分の意見を言えない

・本当は希望があるのにいつも相手の主張を優先してしまう

・断るべきことをはっきりと断ることができない

・会話の際、相手のリアクションが気になりすぎて話に集中できない

 

このような特徴があります。

 

 

 

 

みんなに好かれるためには徹底的に自分を押し殺して、八方美人と化さなければなりません。

 

言うまでもなくそれはとても疲れることですし、
何よりあなたが人生を楽しめなくなります。

 

 

 

 

「みんなに好かれる」というのは、
言ってしまえば自然の摂理に反していることなのです。

 

 

 

自分らしく、ワクワクするような生き方をしようとすれば
必然的に自分の「個性」を発揮する必要があります。

 

あなたが自分の「個性」を発揮しようとすればそこに人を強く惹きつけるものが生まれます。

もしくは、逆も然りで、多かれ少なかれ「あなたを嫌う人」も必然的に現れるのです。

 

 

 

断言します。

 

 

 

あなたが自分らしくあろうとすればするほど、あなたを嫌う人も増えるのです。

 

 

でも、それでいいじゃないですか。

それこそがあるべき姿です。

 

 

 

あなたはあなたを大切に思ってくれる人を大切にすればいいんです。

嫌われることを過剰に恐れる必要はありません。

 

個性を発揮すれば不可避的に人間同士の「相性」というものが生まれます。

 

それは仕方ないことなのです。

 

 

 

 

古今東西だれ1人として「全員」に好かれた人は存在しません。

 

 

 

私は「幸せに生き、幸せに死んでいく人」とは
「自分の本質に従って生き、ワクワクしながら仕事をし、時には誰かに嫌われることもあるかもしれないけど、少数の仲間やパートナーに愛されている人」のことだと思っています。

 

 

 

言い換えれば、「八方美人な良い人」とは
「個性を殺しながら人生を浪費してしまっている人」に他なりません。