Ryuta.k【放浪社長】

起業家。放浪者。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「ビジネス」「パートナーシップ」「勉強術」などを発信しています。

「一流のサービス」に学ぶ

 

 

 

20代で「一流のサービス」に触れる経験は何にも代え難いものです。

 

 

 

 

目的意識が高く、これから成功したいなと思っている20代の人や、
人生に少し行き詰まりを感じている20代の人は、
「一流のサービス」に意識的に触れていくことにより必ず何らかのインスピレーションを受けることができます。

 

 

 

 

 

例えば一流の鮨屋や一流のフレンチ・レストランに行くのも良いでしょう。

一流の食体験は一生モノの教養になりますし、板前やシェフの姿勢から学べることも多いはずです。

 

 

例えば一流ホテルに泊まってみるのも良いでしょう。

「ホテルステイ」ブームが起こり久しいですが、
若いうちにリッツ・カールトンやマンダリンオリエンタル、アマンなどの超一流のホテルに宿泊することはとても良い経験になります。

 

 

5つ星級の一流ホテルに「宿泊」するのは10万円前後のお金がかかってしまうため、
そこまで奮発することが難しそうな場合はホテルのラウンジでお茶してみるだけでも「一流のおもてなし」を感じることができます。

 

リッツ・カールトンなど上記にあげたようなホテルのラウンジでは、
コーヒー1杯1500円程度とサービス料が取られるのは普通ですが、コーヒーのおかわりは無料だということも多いです。

 

美味しいコーヒーと上質な空間、最高のおもてなしを経験できるのであれば2000円程度を投資する価値は十二分にあります。むしろ安いくらいでしょう。

時間帯が合えばピアノの生演奏も聴けるかもしれません。

 

 

 

 

何らかのインスピレーションを得たいという意味でも、

教養を深めたいという意味でも、

プロフェッショナルの接客に対する姿勢を直近で見たいという意味でも、

一流のレストランやホテルから得られるもの/学べることは数多くあります。

 

 

また、一流の場所で提供される一流のサービスに意識的に触れ続けることで、
「一流のサービスと一流の客層とはこういうものか」と肌で感じることができます。

 

その経験はきっと、今後あなたが関わっていくビジネスにも生きてくることでしょう。

 

 

 

 

 

20代のインプット期に高級レストランや高級ホテル宿泊に自己投資する数万円は、
何よりも大きなリターンをあなたにもたらすことを自信をもってお約束します。