Ryuta.k【放浪社長】

起業家。放浪者。読書家。早稲田大学中退後、マーケティングとライティングのスキルをバックボーンにキャリアスクール事業や広告系事業を営んできました。今はフリーランスとして自由に楽しく働いてるアラサーです。型にはまらない特異な経歴と1万冊以上の読書経験から得た知恵をもとに「人生と考え方」「ビジネス」「パートナーシップ」「勉強術」などを発信しています。

一生役立つ「やる気」の出し方

 

 

 

「やる気がでない」と悩んでいる人が多いです。

 

 

 

受験勉強をやらなきゃいけないのにやる気がでない。

タスクが山積みなのにやる気がでない。

婚活しなきゃいけないのにやる気がでない。

読書をしようと思ったのにやる気がでない。

 

 

 

やる気が出ず、いつまでもダラダラとスマホでSNSサーフィンやYouTubeサーフィンをしていたら一日が終わってしまう。

 

 

そんな経験は誰にでもあると思います。

 

 

 

 

 

やる気を出すコツは非常にシンプルです。

 

 

 

 

「あれをやらなきゃな」と思ったら5秒以内にその作業に取りかかることです。

 

 

 

 

ある著名な脳科学者が言うには、
「やる気がでる→行動する」という順よりも「行動する→やる気がでてくる」という順が脳の仕組み上、自然なのだそうです。

 

人の脳は慣性に乗って動く習性があるため、
一度やり始めたことに対してはモードが切り替わり、どんどんやる気が出てくる上に、どんどんのめり込んでいきます。

 

 

逆に言えば、「あれをやらなきゃなー」と思いながらも近くにあるスマホを手に取りネットサーフィンを始めてしまうと
「ネットサーフィンへの慣性」が働いてしまい、なかなかスマホを止めることができなくなってしまうのですね。

 

 

 

 

 

「受験勉強やらなきゃなー」と思ったら5秒以内に参考書を開き、脳を受験勉強モードに切り替えましょう。

 

「タスクが山積みだー」と思ったら5秒以内にpcの電源をいれ、脳を仕事モードに切り替えましょう。

 

「婚活しなきゃなー」と思ったら5秒以内にマッチングアプリに登録し、脳を婚活モードに切り替えましょう。

 

「読書をしなきゃなー」と思ったら5秒以内に本を開き、脳を読書モードに切り替えましょう。

 

 

 

「これをしなきゃ」

「5秒以内に開始」

「脳のモードの切り替え」

「慣性によりどんどんやる気が上がっていく」

 

 

 

これこそが「やる気」の法則です。

 

 

 

 

 

初めは「なんか気が向かないな」と思っていたとしても、
取りかかり始めて数十秒もたてばその作業にのめり込み、集中している自身に気づくでしょう。

 

 

 

是非、騙されたと思って「5秒以内の実践」を試してみてください。

 

 

 

 

 

脳の仕組み上、「やる気は"やらなきゃ"上がらない」というのが真実だったのです。