Ryuta.k【公式ブログ】

「自己肯定感と心理学」「ライフワークとパートナーシップ」を軸に発信しています。

新企画のお知らせ

 

 

 

現在私が運用しているTwitterアカウントはフォロワー数10000、月間インプレッション100万を超えています。

 

 

有難いことにツイートをするたびに数百の「いいね」をいただき、そのたびに反響や質問を頂戴するのですが、
コメントを読むたびに「言語化しにくい悩み、生きにくさ」を感じている若い人、20代の人が多いのではないかと常々思っていました。

 

 

 

 

例えば、

 

 

・自分はこのままで良いのだろうか、という不安を日々感じている。

・やりたいことや自分に本質的に向いていることが分からず、人生に"おぼろげ"な不安を感じている

・自己肯定感が低く、自分に自信が持てない。

・ネガティブになりがちで、仕事や恋愛や友人関係で上手くいかない自分を猛烈に否定したくなる時がある

・自尊心が低く「ありのままの自分」を愛することができない

・強い自分も弱い自分も、ありのままの自分を認めて許してあげられたらどんなに楽だろう、と思う時がある

・社会の目、他人の目を気にしてしまい、自分の思うように生きられていない気がする

・「主体的に積極的に生きたい」という思いはありつつも、周りに振り回されがちになり疲れてしまう

・「こうあらねばならない」という目標や理想の姿に自分が縛りつけられているように感じる

・いわゆる「成功」をしたいし、お金持ちにだってなりたいけどそれだけでは何となく「イマイチ」な気がする

・自分の才能や強みを活かして生きたいが、自分に本質的に向いていることや天職が何なのかよく分からない

・特に人生に不満足というわけではないが、120%充実させられているかと自問自答してみると回答に詰まってしまう。

・自分らしい幸せな生き方(ライフワーク)を発見したい

・もし自分に天職や使命のようなものがあるなら、それに素直に従って生きてみたい

・「本質的な深い話」をできる友人やコミュニティが欲しい

・自分と真剣に向き合ってみたいがやり方が分からない

 

 

 

このような質問や不安を直接DMでいただくことも多いですし、
ぼんやりとTLを眺めているだけでも上記の例のような20代の人の「ちょっとした息苦しさ」「モヤっとした閉塞感」を大いに感じとることができます。

 

 

 

 

そこで、今年2022年より、久しぶりに20代の人に向けての企画を打ち出そうと思い立ちました。

 

「より自分の本質を深く知り、ありのままの自分を肯定できるようになりたい」
「今まで知らなかった自分の才能や強み、やりたいことを再発見→再構築し、人の目や社会の目に囚われない自分だけの人生を生きたい」
という20代の人に向けての企画です。

 

 

 

 

「20代の救世主になりたい」だとか「救いの神になりたい」とまで言うつもりはありません。

 

 

・企画を通して関わってくれて20代の人が楽に、直感的に、軽やかに生きられるようになったら良いよな

・企画を通して関わってくれた20代の人が才能と自分の本質に向き合って、自分だけの幸せな人生(ライフワーク)を発見できたら素晴らしいよな

・企画を通して関わってくれた20代の人の「自己肯定感」を上げるお手伝いができたらとても嬉しいよな

 

 

 

このような動機からの試みです。

 

 

 

 

私たちが20代の人に向けてできること

 

 

 

 

先ほど、「2022年より、久しぶりに20代の人に向けての企画を打ち出そうと思い立ちました。」
と書きました(ちょっと巻き戻るとあります)。

 

最近私のことを知ってくれた人は「えっ?そんなことやってたの?」と思うかもしれません。

 

 

 

実は、およそ10年前にSPU(セルフプロデュースユニバーシティの略。以下もSPUと表記します)という事業名で学生や20代前半の人向けの
「キャリアデザインスクール」を経営していたことがあります。

 

今ではフリーランスとして人との関わりを極力避け、隠遁者のように執筆や読書に勤しんでいる私ですが、
10年前はたくさんの「若者」に囲まれて自己本質の追求、強み構築、自分らしい生き方(ライフワーク)の発見、そして人生単位の「成長」のお手伝いをしてきました。

 

 

 

SPUは受講生のメイン層が20代前半の「成長志向」のある人たちでしたので、とにかく熱気があり、
自他ともに成長しているような素晴らしいコミュニティでした。

 

それは「キャリアスクール」というより、
熱い若者たちの「オフライン・コミュニティ」と言った方が正しいくらいかもしれません。
(当時はオンラインサロンはありませんでしたから、もうバリバリのアナログ・オフラインでした)

 

延べ100名を超える受講生とともに「自己本質と向き合うワーク」をこなし、講師の家に缶詰めになって泊まり込みでディスカッションをし、「自分にはこんな強みや才能があったんだ」という「人生レベルの使命」の発見のお手伝いをさせていただきました。

 

連続講義のなかで受講生は自分の本質をよりよく知り、自分の才能に気づき、真に自分らしい生き方・ライフワークを見つけ、自分の人生に自信をつけ卒業していきました。

彼らは今では社会の各分野で活躍しています。

 

 

 

そんな、色濃い「自己本質と向き合う」スクールを経営していた私たちだからこそ、10年の時を経て、
何だか閉塞感漂うこの時代にもまた20代の人の新たな「人生への考え方」「自己本質との向き合い方」を示せるのではないかと思ったのです。

 

 

 

 

「本質追求」のプロフェッショナル

 

 

 

 

10年前に開催された「SPU」は私の師であり、恩人であり、ビジネスパートナーであり、親しい仲間でもある野呂田直樹氏(末尾にプロフィール掲載)とともに共同経営していました。

10年前は私が企画オーガナイズとマーケティングを引き受け、野呂田氏にはSPUの代表と兼務でメイン・スピーカーとしてセミナー(連続講義)をしていただいていました。

 

 

今回、当初は私ひとりで10年前の「SPU」のような20代の人と本気で向き合う企画を打ち出そうと考えていたのですが、
偶然のきっかけで数年以来に野呂田氏と再会し、
再び共同で運営できたらより参加者の「本質探し」を強力にバックアップできると感じたし何より直感的に私がワクワクしたので、
「再び10年前のSPUのような企画を考えているのですが是非今回もメイン講師として壇上に立っていただけないでしょうか」
と打診したところ快く引き受けていただけました。

 

 

 

 

以下は、今回の新企画に興味を持ってくれている方への野呂田氏からのメッセージになります。

 

 

 

初めまして、野呂田直樹です。

 

日常生活において、日々自分と真剣に向き合い、自分と深い部分まで繋がり、自分を把握し、どんな自分も受け入れ、他者と比較することなく自分らしい人生を生きている人は、どれくらいいるでしょうか。

 

とにかく僕たちは、外側の世界でやるべきことが多すぎます。

 

仕事をしていたり、家事をしていたり、友達とのご飯やデートの予定などをこなしていくうちに、あっという間に時間は過ぎていき、自分と向き合う時間などほとんどありません。

 

ましてや、内側の自分を見るというのは、締め切りもノルマもありませんから、どうしたって優先順位は下がり、後回し後回しになってしまうのです。もしかすると、自分と向き合うという概念すらない人も少なくないかもしれません。

 

しかし、そうやって内側の自分をきちんと見ることなく、外側の世界に没頭し続ける人生の先には、何か空虚のようなものが待っています。

「自分」を生きていないような、漠然とした違和感が拭えないのです。

 

龍汰さんのツイートやブログを見ているあなたは、薄々勘づいているかもしれませんが、、

 

・世間に認められるような成功
・一般にこれが幸せな人生だよねと言われていること
・社会的な評価、地位、名声、出世

 

などが、あなた自身の幸せな人生とは必ずしも合致しない可能性があります。

 

成功や幸せは、親や、学校の先生や、職場の上司や、親友や、あるいは常識や世間体など、外側の誰かや何かが与えてくれるものではありません。

 

そう、あなたの内側にのみ、答えがあるのです。

 

そのためには、じっくりと腰を据えて、自分というものを改めて認識し、理解していく必要があります。

 

SPUは、そういった場、つまり、「ここらでいっちょ、真剣に自分と向き合ってみないかい?」という環境を提供するコミュニティです。

 

“自分自身に人生の主導権を取り戻し、周りに流されず自分らしい人生を描いていく”

 

およそ10年前に龍汰さんと一緒に創設したSPU(セルフプロデュースユニバーシティ)には、こういった思いが込められています。

 

1人1人が本当の自分と繋がり、心の底からの充実感を味わいながら人生を送れるように、そしてそんな20代の若者たちが創り出していく社会がよりよいものになるように。

 

僕がこれまで培ってきたものをお伝えしたいと思っています。

 

 

 

 

 

野呂田氏は誠実に人と向き合い、本質的な深いところで相手と対話し、人を導く力に非常に長けています。

人生の本質を深く追求する求道者でありながらも、それを人に分かち合い周囲の皆を引き上げていく強烈なカリスマ性を持った教育者でもあります。

 

 

起業家として少なくない人脈に恵まれている私ですが、
「自己本質を深掘りし、人生レベルの"使命"に気づき、ありのままの自分を認め、軽やかに自分だけの人生(ライフワーク)を生きる」
という今回の企画コンセプトを野呂田氏以上に追求・体現している人を他に知りません。
そして野呂田氏以上にこの複雑で抽象的なテーマを分かりやすく丁寧に、そして楽しく噛み砕いて解説してくれる人を他に知りません。

 

 

 

もしあなたが「人生の本質」について悩み考えているなら、是非、私たちに会いにきてください。損はさせません。

 

野呂田氏のプロフィールはこの記事の末尾に掲載させていただきますので、是非そちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

 

 

企画概要

 

 

 

企画名は10年前のものを引き継ぎ「SPU(セルフ・プロデュース・ユニバーシティ)」とさせていただく予定です。

(10年前のSPUとの混同を避けるため、以下「新・SPU」と表記させていただく箇所もあります。)

 

 

対象年齢は性別や職業や経歴など全く問わず20代の方とさせていただきます。(2022年に30歳になる方の応募可)

会社員や公務員の方から起業家、フリーランス、主婦/主夫、フリーター、ニート、無職の旅人のような方まで、
「自分の本質を考えて考えて考え抜きたい」「豊かで幸せな人生を創りたい」という方ならどなたでも大歓迎です。

 

 

時期は2022年の2月1日から募集を開始させていただく予定です。

 

 

企画の形式については会場とzoomでのセミナー形式になると思われます。

 

随時詳細更新します。

 

 

 

 

こんな企画にする予定です

 

 

 

 

・自己本質の発見、強み構築のお手伝いをさせていただきます

すでに述べたように、野呂田氏と私は「自分の本質と向き合うこと」「自己構築のお手伝いをすること」噛み砕いて言えば「あなたの才能や強みを発見し直すこと」についてプロフェッショナルです。
ありのままの自分を認め幸せに生きるためには「自分の強みはどこにあるのか」「自分の才能はどこにあるのか」を改めて見つめ直す必要があります。
そのための最大限のサポートをさせていただきます。

 

 

 

・あなたの人生における「使命」をともに探し出します

自分の才能、自分の強み、そして「自己本質」と向き合うということはあなたの人生の「使命」を発掘する作業だと言い換えることができます。
言うまでもなく、人はひとりひとり違います。同じ国、同じ地域、同じ年代に産まれた人同士であっても、その人を構成する要素は驚くほど千差万別です。
そしてそれは、人それぞれが天から授かった「使命」もまた千差万別だということです。これは決してスピリチュアルな話ではなく、もっと現実的な話です。
現実的な問題として、人はそれぞれの「使命」に向き合い、それに沿って生きるのが最も幸せなのではないかと強く感じるのです。
是非、「新・SPU」を通じてともに自分を掘り下げ、あなた自身の「使命」を見つけ出してください。私たちが協力します。

 

 

 

・自分の「表現方法」を伝授します

自己を本質的な部分まで見つめ、自己と向き合い「強み」や「才能」を知り、自己を再構築しようというのが本企画の骨子です。
それに加えて、その「強み」や「才能」を社会にむけてどう表現し、どう発揮させていくのかというのも重要な点のひとつです。
例をあげるのであれば、「自分の才能を発揮し、お金を稼ぐ」というのは「自己本質を知り、その表現方法を知る」ということのほんの一部にすぎません。
自己本質を知り、その表現方法を知ることで「お金」や「人脈」は、(あなたが得たいと思うのであれば)オマケのように得ることができるものなのです。

 

 

 

・確実に「願望実現」しやすくなります

「新・SPU」は「成功しお金を稼ぐスクール」ではありません。また、「ビジネススクール」や「婚活スクール」でもなければ「資格学校」でもありません。
本企画は「本気で自分と向き合ってみよう。そして発見したありのままの自分で豊かに幸せに生きていこう」というのがコンセプトです。
しかしながら、「自己本質を探る努力」をすることにより必然的に「成功してお金を稼ぐ」こともしやすくなりますし、「婚活」「恋活」などのパートナーシップ関連も豊かになります。確実に「願望実現」しやすくなるのです。
多くの人が「自分を知る」という根本的努力をしないまま人生を右往左往しています。
「自分を知る」ことは非常に本質的で深い作業であり、一朝一夕にはいきませんが、その「副次的な作用」として金銭面での成功やパートナーシップにおける願望実現もしやすくなるのです。

 

 

 

・真の自己肯定感が手に入ります

自分の才能、使命、強み、やりたいことなどを全て含む「自己本質」をよく知っている人は自分自身の「ありのまま」を認めることができ、本当の意味で自己肯定感が高いと言えると思います。

自分をよく知り、そして自分を認めてあげている人は「成功しなければいけない」「ノルマを達成しなければいけない」「目的を達成できなければ自分には価値がない」など、「力み」がありません。
真に自己肯定感の高い人はそよ風のように淡々と、流れる小川のように穏やかに生きているのです。
私は自己肯定感についてもよく発信していますが、企画参加者の方には「自己本質」の発見を通じて「真の自己肯定感」を手に入れて欲しいと考えています。

 

 

 

・人生に対する「こうあるべきだ」という執着から解放されます

私のSNS、ブログでも何度も繰り返していますが、「生きにくさ、息苦しさ」の原因は「こうあるべきだ、こうあらねばならない(さもなければ自分には価値がない)」という執着であることが多いです。

たとえば「ビジネスで成功しなければいけない」も執着のひとつです。
たとえば「30歳までに結婚しなければいけない」も執着のひとつです。
たとえば「いつも笑顔でポジティブでなければならない」も執着のひとつです。
たとえば「上手くコミュニケーションをして皆に好かれなければならない」も執着のひとつです。

「〜しなければならない」ものとして人生を捉え、「それが達成できなければ自分には価値がない」と考えしまうと人生はギスギスとした重苦しいものになってしまいます。
企画を通して「ありのままの自分を肯定し、執着を手放し、軽やかに人生を生きる」お手伝いをさせていただきます。

 

 

 

・自分を深く知ることで、ありのままの自分を心から愛せるようになります

新・SPUを通して「自分の本質を知る」「自分のほんとうの強みやほんとうの弱みに気づく」ということを徹底的に行なっていきますが、
それはそのまま「ありのままの自分を肯定し、愛する」ということのステップになります。

そもそも、「自分への肯定感」「ありのままの自分への愛情」というのは「自分のことについてよく知らない状態」では湧き出てきません。

自分を肯定するためには、そして自分を愛するためには、まず「ほんとうの自分」を深掘ることが極めて重要なのです。
本企画のワークを通して自分を見つめ深く掘り下げることにより「そんな自分もいいよね」「どんな自分も素敵だよね」という自己肯定的な気持ちも自然と生まれてきやすくなります。

自分をよく知り、ありのままの自分を認められるようになることで、外部の評価や状況にメンタルが振り回されにくくなることでしょう。

それは結果的には、ビジネスやパートナーシップにおいても素晴らしい恩恵をもたらします。

 

 

 

 

・他人の目や社会の目ではない主体的で幸せな人生、すなわち「ライフワーク」を歩めるようになります

徹底的に自分の本質を見つめ、自分の「才能」や「強み」と向き合うことにより、「自分だけのライフワーク」を生きれるようになります。

もしかしたらあなたもそうかもしれませんが、「あまり何も考えずに生きてきたけど、流されるように生きていくだけで本当に良いのか」という悩みを抱えている人は実は少なくありません。

また、「他人の目・社会の目や常識を気にしてしまい、これまで自分らしい生き方を閉じ込めてきてしまった」という人も少なくありません。もちろん、私自身も昔はそうでした。

徹底的に自分と向き合い、「自分のほんとうの本質は○○だったんだ」「ありのままで生きていいんだ」と気づくことにより、
他人や社会の目ではない、あなたオリジナルの幸せな「ライフワーク」を確信をもって歩めるようになるのです。

 

 

 

・あなたと同じような志を持つ「仲間」がここにいます

10年前に開催されたSPUでは、20代前半の多くの「若者」が集まり自分の本質について、将来のビジョンについて、もしくは普段晒け出せないような悩みについて、時に真剣に、時に楽しく意見を交換しあいました。
「孤独」を売りにしている私がこんなことを書くのは意外に思われるかもしれませんが「仲間」は人生で最も大切なもののひとつです。
是非、今回の「新・SPU」で存分に語り合える仲間を見つけてください。
私自身も、新たな「仲間」と出会えるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

自己本質を発見し、ありのままの自分で生きること

 

 

 

このブログで常に発信しているように、幸せに生きるためには、
まず「自己本質(才能、強み、使命など)と向き合うこと」
そして「ありのままの自分を肯定し、愛してあげること」
の2点こそが根本的に重要だと私は思います。

 

 

 

 

20代は常に悩む時期です。

 

 

・今のままで良いのだろうか

・社会的な成功と自分らしさのどちらを重視すべきだろうか

・「やるべきこと」と「やりたいこと」のどちらを重視すべきだろうか

・いつ結婚、出産するべきだろうか、そもそも結婚しない人生はどうか

・親の意見と自分の意見が対立したらどうするべきなのか

・今の仕事を今のまま続けていいのだろうか

・キャリアと"やりがい"のどちらを取るべきだろうか

・10年後、20年後に幸せであるためにはどうするべきか

・人や色々なことに振り回されないためにはどうすればいいのか

・真の「自己肯定感」を得るにはどうすればいいか

・自分の使命とは何なのだろうか

・自分の本質はどこにあるのか

・自分のライフワークは何なのか

・自分らしい人生とは何なのだろうか…

 

 

 

 

上記のような「人生にとって本質的だと思える悩み」に突き当たった時こそが
「本気で自分と向き合うチャンス」かもしれません。

 

 

そして、自分らしい人生について、自分の本質について、人生の本質について、悩んでいるのは決してあなた独りではありません。

 

「新・SPU」には仲間がいます。

 

 

 

是非、ともに「ほんとうの自分の本質」と向き合い、そして深め合い、
ともに豊かで幸せな人生を手に入れましょう。

 

 

2022年、あなたにお会いできるのを楽しみに待っています。

 

 

 

 

 

主催者プロフィール

 

 

 

【野呂田直樹(Naoki Norota)】

SPU代表/メイン講師

 

(株)ME CreatioN代表取締役。

「たった一つの偶然から人生は劇的におもしろくなる!」大和出版
「あなただけの成功法則の作り方」DNAパブリッシング

2冊の著者。


早稲田大学を卒業後、自らの成長のために大手企業ではなくベンチャー企業への就職を決意。
入社9ヶ月で退社。独立。

大学生向けのキャリアデザインスクールの開校やコピーライターとしての活動を経て、Webマーケティング会社を設立。毎年億単位の売上げを上げる。

事業の傍ら、モデルや俳優、格闘家としての活動も行う。また、制作に携わった映画がモナコの国際映画祭で最優秀作品賞を獲得し、レッドカーペットを歩く。

その後、自分が本当にやりたいことを真剣に探るため、会社を手放し家族と共に淡路島に移住。

「自分の強みや好きなことを活かして豊かな人生を歩む人を増やしたい」という想いから、2021年、活動を再開。

公式インスタグラム:@naoki_norota

 

 

 

【小林龍汰(Ryuta Kobayashi)】

SPUオーガナイザー/マーケティング統括

 

「Ryuta.K 公式ブログ」著者

文筆家。起業家。読書家。

早稲田大学文学部在学時に起業。ブログアフィリエイトで年商1000万円を売り上げたのち、中退。

その後はアフィリエイターとして活躍する傍ら、マーケティングコンサルタント、人材派遣業、インフルエンサー・プラットフォーム経営など幅広く事業展開。

現在はフリーランスとして各種広告関連、執筆業に携わりゆるく楽しくのんびり働いてます。

Twitter:@Rkpb_R