Ryuta.k【公式ブログ】

「自己肯定感と心理学」「ライフワークとパートナーシップ」を軸に発信しています

メンタルの安定に大切な「依存先の分散」

 

 

 

 

いつもは自己肯定感やライフワーク、パートナーシップ、幸福論について、より本質的な記事を書こうと努めていまして「人生のテクニック論」のようなブログを書くことは少ないのですが先日のツイートが少なからず反響を呼んだので「依存先の分散」について書いておこうと思います。たまにはこういう記事もいいですよね。

 

 

依存先の分散について僕が考える時、思い浮かぶのは金融商品の組み合わせ(ポートフォリオ)のことです。これはある程度お金を持っている人でしたら当たり前のように身についている概念でして、端的に言えば「全資産を円の貯金だけにするのはやめておこうね」という考え方です。

 

近年、円安が急激に進行しており対ドルで130円を突破するなど連日ニュースを賑わせています。そうした中、このポートフォリオの考え方はますます重要なものと見なされるようになってきました。

具体的には資産運用は円の貯金だけでなく、(ちなみに貯金も立派な資産運用です。私たちは銀行に普通預金という形でお金を貸し、銀行はそれを運用する代わりに年0.001%という塵のような利息をつけて返してくれます。ちなみに1970年代の高度経済成長期には3%の利息がついたみたいでした。「銀行に数百万預けてる人は毎年数十万単位でお金が勝手に増えていったのよ」っておばあちゃんが言ってました。まじ羨ましい。)円の株式や債券、保険、そして海外通貨なども組み合わせて運用しましょうねということです。

そうすることにより、例えばどこかの金融商品で元本割れ(投資した額より資産額が目減りしてしまうこと)しても他の投資先でプラスになっていればリスクを軽減することができますしより安定した収益を得ることができるようになるからです。

 

ツイートのように人生戦略でも全く同じことが言えますね。コミュニティを増やすということはある種、人生におけるリスクヘッジなのです。

恋愛に極端に依存している人は全財産を変動の激しい株式に投資しているようなもの。(…ですよね?)上がれば天国ですが下がれば地獄です。恋愛一極集中の人生ですと極めてメンタルが不安定になりかねません。

 

例えば友達関係を充実させたり、趣味を充実させたり、仕事を充実させたりすることによってたとえ恋愛がダメになっても「メンタルの逃げ場」のようなものを見出すことができます。また、「メンタルの逃げ場」があることにより思い切り恋愛を楽しむことができるようになります。日々市場と戦っているデイトレーダーだって、変動の激しい投資だけで生活を成り立たせているわけでは決してありません。地道な中長期投資を他で行なっていたり、副業で何か仕事をしているケースが多いです。足場が安定していることによって、よりトレードに集中できるのです。

 

ベースとしてメンタルが安定していることにより恋愛も仕事も思いきり打ち込むことができるようになります。僕のいう依存先の分散には「心の平穏が獲得できる」というとても大きなメリットがあるのです。