Ryuta.k【公式ブログ】

「自己肯定と心理学」「パートナーシップとライフワーク」を軸に発信している文筆家。自分らしく心軽く生きるためのお手伝いをしています。

《実例》セックス依存、男性依存の心理と依存の癒し方

 

 

 

「依存心」に悩んでいる人は多いです。

 

 

 

恋愛に依存してしまう

セックスに依存してしまう

買い物に依存してしまう

過食に依存してしまう

夜のお店に依存してしまう

アルコールに依存してしまう

ギャンブルに依存してしまう

 

 

 

世の中には色々な「中毒」と呼ばれるものがあり、そのほとんどは「依存」が原因だったりするのですが、
根本的に依存心を手放してあげないと何かを手に入れても手に入れても物足りない。まさに海水を飲めば飲むほど喉が渇くというような状態になってしまいます。

 

どんなに求めて、そしてどんなに手に入れても依存の状態は満たされることがなく、それどころかますます苦しさは増すだけ。

そんな経験をしたことがある人もきっと多いでしょう。

 

 

結論から言ってしまえば、依存心は恋愛やセックスや買い物やアルコールなど「外部」から満たすのではなく、自己の内面から充足させていくことが解決の近道なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の元彼女は過去に過度なセックス依存を抱えていました。

…………………………………………………………………………………………………………

 

 

続き(残り字数約2500字)は公式オンラインサロン【RKサロン】で読めます。

 

RKサロンでは当記事を含めたサロン限定ブログ(1記事5000字以上の大ボリューム!)、音声配信RKラジオなど、「自己肯定と心理学」「ライフワークとパートナーシップ」を中心に、ブログやTwitterには公開していない深く濃いコンテンツを日々配信しています。

 

 

RKサロン詳細はこちら。