Ryuta.k【公式ブログ】

「自己肯定と心理学」「パートナーシップとライフワーク」を軸に発信している文筆家。自分らしく心軽く生きるためのお手伝いをしています。

幼少期/思春期の母子関係で不幸せな思いをし続けた人は「相手との関わり方」が分からなくなる

 

【初めての方へ】

 

ご訪問ありがとうございます!

 

■Twitter、noteマガジンなど、各種リンクも是非ご覧ください。

■《超おすすめコンテンツ》RKサロン限定ブログはこちら

ご相談もお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

【ツイートはここから】

 

親との距離感で悩み続けてた人は「相手と親しくなれば親しくなるほど距離感に苦しむ」ようになります。

 

初対面の人とはそれなりに仲良くなれても心の距離が近づくほどどう接していいか分からなくなる。

 

親との距離感はその後の人間関係にものすごく強い影響を与えます。

 

【ここまで】

 

 

ーー親との距離感で悩み続けてた人は「相手と親しくなれば親しくなるほど距離感に苦しむ」ようになります。ーー

 

 

サロンメンバーや常連さんにはおなじみの話ですみませんが、何回聞いてもムダにはならないとおもいますので「またそれかよ」と思わずに聞いてください。

「親との関係」はその後の全ての人間関係のベースです。

全ての人間関係とは、職場での人間関係や友人知人関係のみならず恋愛関係や夫婦関係、友達以上恋人未満みたいな関係、恋愛なような恋愛じゃないような体だけの関係や不倫関係とかまで含みます。

 

人生で味わう人間関係は、「意識」して変わろうとしないかぎり全てが「幼少期や思春期の親子関係の投影」になるといっても過言ではありません。

それくらい、親が行使する子への影響力というのは計り知れないものですし、親の愛情の凄まじさたるやですし、子の親に対する愛情も数字などでは決して表せないものなんです。

 

もちろん、2文前に留保をつけた通り「心理的な意味で親を意識して手放す」ことができれば親の影響下から逃れ、真の意味での「自分らしい人生」を手に入れることができるわけなのですが、ほぼほぼの人は生涯にわたり親子関係を強く引きずり、親子関係の強い影響下にあり、色々なことを自分で決定しているようであっても実は潜在的には親に「決めさせられ」ていて、親の影をいつまでも追い続けることになるわけなんですね。

それは当然、良いとか悪いとかではなく、ある意味ではとても自然で本能的なことでさえあるので否定するわけではないのですが、「成人して結婚して子供がいてもなお、親の強い影響下にある」ということを知っているのと知らないのでは人生の選択の幅に雲泥の差が生まれるのではないかと、、、そう思うんです。

 

 

ーー初対面の人とはそれなりに仲良くなれても心の距離が近づくほどどう接していいか分からなくなる。ーー

 

 

全ての人間関係は親子関係の投影である、、、

その例をあげようと思えば無数にあると思うのですが、心理学でよく取り上げられる事例としましては「親密感への怖れ」というものがあります。

 

これは文字通りの意味で、「相手との物理的な距離が近くなればなるほど、相手との心の距離がちかくなればなるほど、潜在的な『怖れ感情』が強くなり自分から関係をシャットアウトしてしまいたくなるような心理」のことです。

実際に「シャットアウト」まではいかなくてもそれ以上相手を「心のパーソナルスペース」に近づけないように仕向けたりだとか、とても親しくなった人に無意識的に冷たくしてしまったりなども含みます。

 

相手と物理的にも心理的にも近くなる関係と言えば皆さんご存じ、、、パートナーシップでしょう。

もちろん親友などの相手に「親密感への怖れ」を発揮する例も無くはないのですが、パートナーシップにおいては「セックス」という心身のエネルギー交換とも呼べる行為があるため友人関係などと比較し格段に「親密感への怖れ」が現れやすくなります。

どんな関係よりも相手との心身の距離が近づきやすいのは恋愛関係や夫婦関係などのパートナーシップ関係なのですね。

 

では「親密感への怖れ」がどうしてそもそも現れるのかといいますと、幼少期などに最も心身の距離が近い「母親」との関係が上手くいってなかったり、たくさん親に怒られていたり、甘えたいのに無関心なそぶりをされたり、母親が父親と不仲だったり、不幸せなことがたくさん起きたり、家庭でネガティブなことがたくさん起きたりして「近い距離の相手とは良いことが起こらない」という刷り込み・自己洗脳がなされてしまったことが原因であることが多いです。

 

その母子関係の構図、父子関係の構図を大人になってからもずっと引きずってしまうということですね。

「心身ともに近い相手とは必ずネガティブなことが起こる」

「近い距離になると幸せになれない」

「だから一定の距離を置いておこう」

こんな潜在意識上の観念が生まれるわけです。

それは繰り返しますが、ほとんどの場合無意識的な感情プロセスになりますので、自分ではどういうメカニズムで「人を遠ざけてしまっているのか」もしくは「人から遠ざけられてしまっているのか」気づけないことがほとんどです。

 

 

ーー親との距離感はその後の人間関係にものすごく強い影響を与えます。ーー

 

 

親密感への怖れが強い場合、深く交際すればするほど相手を傷つけてしまったり、相手に傷つけられてしまったり、相手を無意識に遠ざけ(あるいは遠ざけられ)そもそも「深い関係」になれなかったり、夫婦関係に歪みを生じさせてしまったり、子供の教育にネガティブな影響を与えてしまったりする場合があります。

 

またパートナー関係が深まれば深まるほど、「相手は自分の鏡であり自分は相手の鏡である」という面が強くなってきますので、自分の「親密感への怖れ」は相手にとって他人事ではありませんし、「相手の親密感への怖れ」もまた自分にとって他人事ではありません。

ポジティブな面もネガティブな面も「親密感への怖れ」も、、、相互に影響を与え合うのがパートナーシップというものなんですね。

 

「親密感の怖れ」を取り扱うのは一朝一夕にはいきません。

少なくとも、幼少期から親子関係を振り返っていく必要がありますし、そのうえで潜在意識上の「親への執着」「親子関係への執着」「親の価値観への執着」「親密感の怖れへの執着」を手放していく必要があるでしょう。

 

 

親子関係につきましては下記RKサロンでかなり深掘りして取り扱っています。

(心理的な意味での)親の手放しワークなども具体的に紹介していますし、もし分かりにくければリクエストなどもしていただけます。

 

・相手との距離感がつかめない

・どうしても相手と親密になるのに抵抗がある

・長く婚活してるのに成婚にいたらない

・夫や妻との関係が不安定

 

そんな場合、「親密感への怖れ」が強く働いている場合があります。

 

 

 

 

この記事をもっと深めたい方へ

 

 

パートナーシップ、ライフワーク、自己肯定感や自分軸、親子関係などについて「もっと知りたい!」「さらに理解を深めたい!」という方は公式オンラインサロン、

【RKサロン〜自己肯定と心理学〜】がとてもオススメです!

 

RKサロン詳細はこちら。

 

 

 

RKサロンでは「自己肯定と心理学」「パートナーシップとライフワーク」を中心に自分らしい幸せな人生、結婚、恋愛、親子関係、人間関係などについてのより深いコンテンツを日々配信中です。

 

ryutaksns.com

 

「自分らしく心軽く」がキーワード。サロンではTwitterやブログでは公開できない、より深いコンテンツを発信していますので是非チェックお願いします!

 

 

 

 

《こんな方におすすめのサロンです》

 

■Twitterや公式ブログには公開できない、より深いサロン限定のコンテンツで学びたい方

■公式ブログより長文でテーマをガッツリ深掘りした「サロン限定ブログ」を読みたい方(1記事あたり5000字超!)

■自己肯定感や心理学、パートナーシップなどの話題が大好きで、匿名で交流や意見交換できるコミュニティが欲しい方

■いつも「誰か」や「何か」に振り回されていると感じていて、他人軸ではなく自分軸で生きたい方

■ありのまま自分らしいパートナーシップを築きたい方

■幸せな結婚をしたい方

■婚活が上手くいかない原因を根っこから解決したい方

■恋愛で傷ついたり、苦労したり、病んでしまうことが多い方

■夫/妻、彼氏/彼女との関係に真剣に悩んでいて、専門的な相談をしたい方

■親子関係に悩んでいる方

■自分らしいワクワクする生き方「ライフワーク」を創造していきたい方

■人生の漠然としたモヤモヤから脱却し、幸せになりたい方

 

 

RKサロン詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【各種リンク】

 

■Twitter:@Rkpb_R

是非フォローお願いします!

 

質問/相談フォーム

ブログで回答して欲しい質問や相談がある方はこちらからご送信ください。

 

noteマガジン

毎週水曜日にブログやTwitterでは公開できない特別な文章をお届けします。

 

RKサロン

サロン限定ブログ、限定音声などより深く濃いコンテンツを配信中!「noteマガジン」の全有料記事もサロン内で無料で読み放題です。

 

【noteマガジン】と【RKサロン】の比較詳細はこちら